MENU

任意整理を進めるにあたっての大きなメリットとは

借金問題解決の債務整理の中でも比較的進めやすいとされる任意整理は、他の債務整理にはないメリットがあるのが特徴です。自己破産も含めて任意整理以外の債務整理は基本的に全ての債務を解決するための手続きとなるのに対し、任意整理は場合によっては一部の借金を残し、整理を進められるようになっています。

 

裁判所を介さない手続きであるために可能となる部分で、任意整理では高い金利だけを整理するといったことができます。ただ、基本的には全ての債権者を平等に扱うため、よほど特別な事情でもない限りは全ての債務を任意整理による解決で進めることとなります。

 

特別な事情と言っても様々で、例えば給与の振込先に指定をしている銀行のカードローンを利用している場合、任意整理による弁護士介入を行うと銀行口座が止められてしまい、給与の振り込みに影響が出る場合があります。そうなると会社にも借金の存在がばれてしまうので、内緒にしたい場合には任意整理によって特定の債権者を除外するのです。

 

このあたりは弁護士相談をする時点で説明をすれば、極力汲み取ってくれるようになります。特に任意整理に強い弁護士であれば相談者の依頼内容はよく聞いてくれ、さらにはスムーズな解決のために尽くしてくれるので安心ができるのです。

 

ただ、借金問題にあまり強くない弁護士や、任意整理での解決実績が少ない弁護士に依頼をすると、そのあたりをうまく進めてくれない場合があるので、後々でトラブルになってしまう可能性があります。依頼をするなら任意整理だからこそのメリットを最大限に受けるためにも、解決実績の多い弁護士に相談をしてください。